勤怠管理のシステムの変化

勤怠管理とは、企業や会社の社員の出勤、退勤、欠勤、遅刻、早退などの勤務状況を記録し、勤務時間が守られているかを管理することです。勤怠管理の方法は、タイムレコーダーでの記録や、各部署の担当者による記録、自己申告制など、色々な方法が取られています。社員数が多いと、タイムカードの集計やデータ入力等の処理に膨大な時間と労力がかかってしまいます。また、タイムレコーダーでは、押し間違いや、押し忘れもあり、完全に管理できるものではありません。そういった問題を解消するために、勤怠管理システムを導入する企業も増えてきました。紙に打刻するタイプのタイムレコーダーの代わりに、指紋や静脈認証で勤務状況を把握したり、携帯や個別のパソコンでチェックするものもあります。データを入力しなおしたり、集計したりといった手間を大幅に減らし、人件費を削減することが可能です。

勤怠管理の、重要性。

最近、仕事の事で問題になっているのは、サービス残業です。家庭の事情や健康上の問題で、沢山働けない人もいます。家族の健やかな生活の為に、時間を有効活用したい人は、多いでしょう。残業代が出るならば、働く人もいますが、中には健康を損ない、働けなくなる人もいます。上司が上手く管理をしてくれれば、問題は起こりませんが、現場管理に長けている人ばかりではなく、勤怠管理が上手くいかない部所がある事で、問題が起こるのです。部下は、上司に対して、余り意見を言えない場合が殆どで、無理をしてしまいがちです。仮に、意見を言えば、扱いづらい部下と言う評価になり、長く働きづらい状況を招いてしまいます。これでは、何のために働くのか、分からなくなってしまいます。経営者は、どれくらいの仕事量を平均でこなせるのかを、把握する事が大事で、人間離れした事が出来る人を、基準としてはいけないのです。

効率の良い勤怠管理について

日々の勤務時間を管理する勤怠管理について効率の良い管理方法について便利な方法があります。毎日の勤務時間をエクセルなどに入力して管理するのは多くの会社が行っている方法です。しかし、毎日エクセルを開いて入力して月次などでメールや印刷をして送るということは手間になります。そこで活躍するのがオンラインで勤怠管理が行える仕組みです。時間の入力はしないといけませんが、WEBシステムで作成されているため、インターネットに接続できる状態であればどこからでも行えるのが特徴です。わざわざメールなどで送付する必要もなく、管理者が全ての勤怠管理ができる点が優れています。間違って入力した分も簡単に訂正ができ、行った仕事内容もデータベースに登録するだけであとはマウスで選んで登録するだけで管理ができます。効率もよく、使う側としても勝手がいいのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です