勤怠管理の面倒を最小限にする

企業にとって社員の勤怠管理をしっかりとすることは、とても重要です。残業時間はどれぐらいなのか、休日出勤が続いていないかなど、ひとりひとりの勤務状態を見ることで社員のストレス度を把握することができます。日本人は、残業や休日出勤など時間外勤務をすることがいいと思われがちですが、その考え方がストレスを生む原因となってしまいます。残業が続いたり休日出勤が多かったりすると、体だけでなく心も休まりません。そのため、体調を崩してしまう人が増えています。そのような事のないように、社員の健康を守るために勤怠管理をしっかりすることが大切です。しかし、大企業ともなると勤怠表などからひとりひとりの勤務状態をチェックすることは大変です。そこで、タイムカードと勤怠管理が連動されているソフトを利用すれば、名前で勤務状況を検索することができるので手間も省けます。

勤怠管理を行うシステム

今はどこの企業でも勤怠管理をオンラインで行うようになっています。オンラインで行うことによって、承認も早くに行うことができますし、給与の計算も迅速に行うことができるようになってくるので、勤怠管理をオンラインで行うというのは大きなメリットがあるのです。また正しい勤務時間の報告も行うことができます。基本的にパソコンを立ち上げていなければ報告をすることが出来ないので、管理も正しく行うことができるようになってくるのです。中には派遣社員など外注の社員に対してもオンラインで行うことができるシステムを整えている企業もあります。そうすることによって、勤務をした時間、総労働時間の計算も行うことができるようになるので、管理しやすいのです。労働時間というのは労働基準法などの法律にも関係してくるものなので、企業側での管理が必要なのです。

勤怠管理の良い方法について

勤怠管理をする方法としてはどのような方法が良いのでしょうか。まず、タイムカードなどを使って勤怠を記録する方法があります。しかし、この方法ですと、たとえば別の人間がタイムカードを押してしまうことができるという、利点にも不利益な点にもなってしまう部分があります。例えば電車が遅れて会社に到着するのが遅れそうな場合、ほかの人間に押してもらえる、などの利点がありますが、一方で、例えば自分のタイムカードと思って別の方のタイムカードを押してしまっていた場合、自分は出勤していないという扱いになってしまうのです。こういったことを防ぐにはやはり正確にその人が出入りしたというキロクを残すことが必要です。そのためには、今多くの会社で導入している、チップが入ったICカードなどで管理するのが良い方法ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です