即日融資が可能な限度額とは?カードローンの注意点

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近注目を集めているカードローンは、利用限度額の中であれば、繰り返しお金を何度でも借りることができる便利さが人気の秘密です。フリーローンの場合には一度お金を借りてしまえば、後は返済だけですが、カード式のローンの場合は、返済を行って利用可能枠が元の金額に戻れば、再びそこからキャッシングができるなどの特徴を持っています。
さらに、保証人や担保が要らないので即日融資のチャンスが広がり、お金の使い道が原則自由になるので、今はお金を借りなくても将来的に必要になった時のために申し込みだけを行うという人も少なくありません。
申し込み方法もパソコンや携帯電話、スマートフォンなどでのネットを利用した方法、書類を郵便で送付したりファックスで送信したりする方法、中には無人店舗の自動契約機で申し込みができるケースもあります。

申し込みができる先には何があるのか?

決められた金額内であれば繰り返し利用ができる、これは返済を行えば再びキャッシングの利用ができることを意味しています。例えば、10万円を借りた時、10万円を一度に使うと利用できる金額は0円になります。余裕がある時などに5万円を返済すると利用可能額が5万円になり、10万円を返済すれば最初の時点と同じ金額を借入れできるようになるわけです。
カードローンを用意しているのは銀行や信用金庫などの金融機関だけでなく、消費者金融などもあります。消費者金融の場合は、銀行と比べると審査が緩めなので、審査に不安を持つ人にとって魅力的な借り入れ先と言えるでしょう。

申し込みの時には返済計画をしっかりと立てましょう

銀行の中には申し込みと同時に預金口座を作ることができるので、即日融資のチャンスをもらえる金融機関もあります。ただ、消費者金融は預金口座などを作らなくても申し込みができる分、審査結果が分かった後に速やかに契約を結べば、当日中に振り込みキャッシングを行ってもらえるチャンスが広がります。
申し込み時の希望額は審査により限度額が定められるのが特徴です。あまり多い金額で申し込みをすると審査に時間を要してしまうケースもあるので必要額で申し込みをしましょう。
また、カードローンはリボルビング払い出の返済が一般的で、毎月3,000円や5,000円などのように決められた金額を返す形になります。使い過ぎてしまうと後で返済が困難になることもあるので、返済計画をしっかりと立てておくことが大切です。