カードローンの即日融資の可能性と必要書類について

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者金融や銀行はそれぞれ利用限度額内で繰り返しお金を借りることができるカードローンを用意しています。銀行の場合は預金口座が必要になるケースもあり、初めて取引を行う銀行の時には最初に預金口座を作らなければなりません。
これに対して消費者金融は預金機能そのものがないので、即日融資の可能性が高くなるなどの特徴を持っています。急にお金が必要になった時に、当日中に自由に利用できる現金が入れば安心感にも繋がりますし、毎月の返済額を考えて申し込みを行えば無理なく利用ができるメリットもあるわけです。
申し込みの時に必要な書類は、本人を証明することができる自動車の運転免許証や健康保険証、パスポートなどです。ただし、申し込み額に応じて収入証明書が必要になることもあります。

消費者金融は総量規制が適用されます

消費者金融の場合に置いては、即日融資の可能性も高くなります。ですので、多少金利が高いという点を考えても、すぐに現金が必要な人にとっては魅力的な存在と言えるでしょう。最近の消費者金融はかつての金融業者とは異なります。金利の引き下げなどで利用しやすい業者として注目を集めているのです。もちろん、銀行と比べると多少の金利差はあります。しかしながら、それでも審査を柔軟に行ってもらえるといった点はメリットといえるでしょう。安定した継続収入を持つ人であれば申し込みができることなどから、利用している人も少なくありません。

ネットでの申し込みの場合は画像にして送信

カードローンの申し込みの中でも特に大きなメリットを持っているのはインターネットを使う方法でしょう。インターネット申し込みは、銀行や消費者金融が定休日の時、営業時間外の時でも行えるというメリットを持っています。銀行の場合は営業時間内に契約を完了させないと即日融資のチャンスはなくなります。しかし、消費者金融などの場合、振り込みキャッシングを利用すれば、夜遅い時間でも振り込みをしてもらえるので、すぐにATMで現金を引き出してお金を使えるようになります。
審査結果が分かった後に速やかに契約を完了させることがポイントになりますが、ネットでの申し込みの場合は、必要書類の写真撮影を行って、画像にした状態で送信する形になります。そのため、運転免許証や健康保険証、必要に応じて年収を証明できる所得証明書などの写真を撮影して、画像で準備を行っておくと便利です。