カードローンを即日融資で利用する前に「返済が可能か」を確認

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

急にお金が必要になった場合特に重宝される「即日融資」は、今やカードローンの代名詞といっても良いほど当然になっています。必ずしも利用できるサービスというわけではありませんが、それでも「すぐに借りられるから大丈夫」という認識を持っている人が大多数です。
早ければわずか数十分程度で完了する申し込み手続きも、そのスピード感のみを重視していたのでは失敗するリスクが高まります。たしかに、この状況においては「借りる」ということ自体が非常に大きな意味を持っているわけですが、せっかく借りることができても返済できなければ状況が悪化しかねません。
「借りられるか」を意識してはいけないということではないまでも、「返せるか」という可能性をしっかりと見直しましょう。

具体的な計画を作ると安定感が出やすい

少しの不安もなくカードローンを利用したいのであれば、即日融資に申し込む前にしっかりと実現可能な返済計画を立てる必要があります。その状況で自分が欲している金額と月々の余力を確認して、バランスが適切なのかどうかを判断することは当然ですが、それで必要な金額が賄えない場合が問題です。
たとえば、100万円借りなければいけない状況で余力が50万円までしか対応することができないとなれば、不足している50万円分をどうやって補うのかという課題が出てきます。仮にこの状況で申し込んだ結果100万円を借りることができたとしても、余力との差額50万円分の解決策が見つかっていない状態ではリスクしか残りません。この状況を事前に把握、予防することができるようになる点が重要です。

具体的な状況を想定して考えることが大切

計画を立てるにあたり、「希望的観測」や「理想論」を持ち出す必要は一切ありません。むしろ、「最悪の状況でもクリアできる」という状況を想定できた方が、リスクを回避する意味では効果が高くなります。
即日融資に申し込む以前に、あらかじめ把握できる最大金利で利用した場合を想定しておくと、月々の返済金額と完済までの期間が算出できます。当然、実際にカードローンを利用し始めてからでないと分からないこともたくさんありますが、「可能な限り最悪な状況」を想定して計画を立てているからこそ得られる安定感、安心感があれば感じる不安は少なくなります。そのためには、できるだけ具体的な条件を設定して計画に反映させる必要があるため、中長期における自身のスケジュールなども織り込むようにしましょう。