カードローンの即日融資が可能な申し込み先について

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンの申し込み先には銀行をはじめ、消費者金融、信用金庫などがあります。銀行の場合には預金口座が必要になることもあれば、前年度の年収や勤続年数などの制限が設けられていることもあります。信用金庫や地方銀行などの場合、営業エリア内に住んでいる、もしくは営業エリア内にある会社に勤めているなどの諸条件があるので、これらをクリアーしている人だけが申し込み資格を持ちます。
これに対して、大手の消費者金融などの場合、全国に店舗展開を行っていますし、預金業務を行っていないため、諸条件が少ないなどのメリットを持っています。口座を開設するとなると時間が必要になることなどからも、即日融資の可能性は消費者金融の方が高く、すぐにまとまったお金を借りる時などは有利と言えるでしょう。

消費者金融の総量規制について知っておきましょう

銀行と消費者金融の違いには総量規制があります。総量規制は貸金業者に対するもので、銀行法で運営を行っている銀行は適用外です。総量規制には年収に対する貸付額に制限があるのが特徴です。簡単に言えば、年収の3分の1を超えた貸し付けは禁じられているので、申し込み時の金額は自分の年収の3分の1未満に抑えておく必要があります。
ただし、この時の年収は税金を差し引いた金額で考えておく事が大切です。なお、総量規制の中には所得証明書の提出の義務付けも設けられており、他社からの借入がない場合は50万円を超えた時には所得証明書の提出が必要です。
また、他社からの借入がある場合は、借入総額と申し込み額の合計が100万円を超えた時には所得証明書の提出が必要になるので事前に準備を行っておきましょう。

申し込み時の希望額は必要最小額で

カードローンの申し込みを行う時には、何らかの目的あり行うことになるわけですが、高額での申し込みは審査に通過しにくくなる要因に繋がります。申し込みの時の金額は必要最小額で行っておくことも即日融資の可能性を高めてくれます。ただし、便利に使うことができるローンなので、利用限度額を増やしたいと考えることも少なくありません。
増額は利用限度額を増やすことを意味しています。10万円額を12万円や15万円などに増額できればより便利に利用することができるようになります。増額の場合も審査がありますが、この時の審査の通過ポイントとしては毎月一定額を使っている、毎月遅延なく返しているなど、優良な申し込み者であることをアピールすることが重要です。最初に申し込みを行ってから1年ほど経過した時に増額審査を受ければ審査の通過のチャンスが広がります。

お申込み・ご契約の際は、本人確認書類が必要になります。 お客さまそれぞれの人生に合わせて強い味方になれるよう、プライベート・ビジネス問わずな強力なサポートをします。 突然の出費にお困りの方や、将来のためのステップアップの資金がほしい方のパックアップをします。 お申込みは、お電話や店頭窓口、インターネットからでもご利用いただけます。 DIRECTONEはカードローンの融資が即日可能です