両家が集う大切な結納は、美しい着物姿をレンタルで。

最近は正式な結納は減少傾向にありますが、両家が集って和やかに顔合わせと食事をするケースが増えています。その日は人生でとても大切な日になりますから女性は、お相手に、ご相談の上、着物の振り袖姿で臨んでみてはいかがでしょうか。その日をとても大切なものと考えているという決意が伝わります。振袖はおめでたい文様がたくさん描かれており、御両家の今後の幸せを祈る柄となっていますので、大切な喜びの日には大変ふさわしい着物です。御両家がそろう日が決まったら、振袖の準備をしましょう。すでに持っておられる場合もあるでしょうが、レンタルもお勧めです。御嬢さんのお年やお顔つきにいちばんあった一点を選ばれるのが一番です。また、憧れていた文様、色というのもいいでしょう。

結納の時はさらに美しくなられておられるでしょう。

二十歳の成人式の振袖の時はとても可愛らしく、学校の卒業式の時の袴姿の時はさっそうと。一枚振袖を持っているといろんな場面で使えますから便利ですが、その時その時で着たい柄や色合いというものも変化するものですし、何と言っても、着物のお手入れや保管は大変です。きれいにしまっておいたはずなのに、久しぶりに出してみるとシミが出ていたということもあります。レンタルならばそういった面倒さが全くありません。その時その時の気持ちに合ったものを選ぶこともできます。結婚話がまとまっていよいよ結納となる頃には御嬢さんは幸せでとても美しくなっておられることでしょう。まだ幼かった成人式の頃とは違った、もう少し大人っぽい、けれどもお相手のご家族にも受け入れられるような、清楚な振袖を選ばれるといいでしょう。

気軽に最高の一着を選びませんか。

両家が集うお喜びの日が決まったら、それに合わせて準備を始めましょう。すでに振袖を持っておられる場合はシミなどがないかチェックをし、数日前には部屋にかけて、風を通しておきましょう。帯や小物、下着類や草履バッグなど、そろっているか確認します。足らない場合は購入しておかなければなりません。着付けやヘアセットをしてくれる美容院に予約を入れます。レンタルの場合は、実際に見る場合でも、ネットで選ぶ場合でも、たくさんの店を訪れましょう。そのお店で着付けや髪のセットをしてくれる場合もありますし、提携の美容院などに出かける場合もあります。きちんとたしかめ、何時に出かけたいかを伝えて、時間に余裕を持たせた予約をとりましょう。髪飾りも振袖に合ったものを準備しておきましょう。このように、お出かけまでは大変ですが、借りたものの返却は本当に簡単で、期日までに丸めて届ければよいだけなので、あとしまつもいらず、本当に楽です。