勤怠管理もインターネットで

昔は勤怠管理といえば、自分の出勤時間と退勤時間を紙に書く、またはタイムカードを使うといった方法で印字し、提出するといった流れが通常であったかもしれません。しかし時代はインターネットが主流となってきておりますので、もう紙を使うことなくインターネットで勤怠管理を行っている会社が増えてきているのではないでしょうか。インターネットで自分で時間を入力するだけでなく、今はパソコンのログイン時間、ログアウト時間も記載され、その時間と連動するようになっているという高度なシステムもあります。それによって、虚偽の時間申告というものがなくなり、より正確性が高まったのではないでしょうか。そして紙を使っていたのも今までは非常にもったいないことですので、移行できるのであればあらゆる会社でシステムを使った勤怠管理を発展させていくべきではないでしょうか。

勤怠管理の為のオフィス機器

勤怠管理の方法としては、昭和の高度成長期時代には、出勤者が帳簿に自分の判子を押す、シンプルかつ古典的な方法が主流でした。その後、タイムレコーダーが登場し、徐々にそちらが主流になって行きます。しかし、タイムカードが必要となる為、ランニングコストが掛かり、庶務担当者の管理作業が大変であるなど、欠点もありました。それでも、長きに渡りタイムレコーダーは勤怠管理システムの主流となっていました。しかし、ここ10年程で、カードによる電子式の勤怠管理システムが急速に普及しています。それは、社員がカードを機械のスリットに通したり、スキャナー部分の前にかざしたりするだけで時間が記録出来る機器です。企業としては、ランニングコストが軽減する上、紙資源の節約という社会的なニーズに応える事も出来るなど、メリットの大きい方式です。

便利な勤怠管理システム

今企業の間で浸透しつつあるシステムの一つに”勤怠管理システム”というものがあります。勤怠管理システムを利用すれば社員一人一人の勤怠の管理を簡単にする事が出来ます。有休の取得状況や出勤状況など様々なことを管理する事が出来るので大変便利です。タイムカードを利用しなくてもパソコンがあれば出勤状況を管理することが出来るので大変便利です。タイムカードを使用するとコストがかかってしまうので、その分の経費削減にもなるでしょう。また、今まで社員全員分の出勤状況などまとめるのが大変でしたが、この勤怠管理システムを利用することで管理する側も簡単に管理する事が出来るようになります。また一人一人の残業状況を簡単に調べる事が出来るので、指導したりする事も容易に出来ます。その為、人件費の削減にもつながる便利なシステムです。

勤怠管理でまだタイムカードを使っていませんか。 メンバーの勤務状況を把握して、過労働や残業の抑止などチームマネイジメントに役立ちます。 まだ手作業で勤怠情報を集計していませんか?ネクストタイムカードなら自動でデータを集計できます。 どの勤怠管理ツールよりも使いやすいネクストタイムなら、最速本日から導入可能です。 紙のタイムカードは購入費・輸送費・保管費等、想像以上の経費を必要とします。ネクストタイムカードは一切必要ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です